SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、マラソンxSNSx広告サービス「SOCIAL_MARATHON」開発

 電通と電通テックは、マラソン大会にける参加ランナーの通過タイムをSNSに投稿できるサービスと広告展開を融合させたコミュニケーションサ―ビス「SOCIAL_MARATHON」を開発した。

 「SOCIAL_MARATHON」は、電通グループ横断プランニングチーム「_(アンダーバー)」が中心となって開発。ランナーのシューズなどに取り付けるタイム計測用の大会公式ICチップの管理データベースを活用し、計測ポイント通過時に、自動的に通過タイムがSNSへ投稿できる仕組みになっている。

 このサービスを通じてSNSに投稿される通過タイムや友人からの応援メッセージなどに、応援広告を表示することができる仕組みとなっている。協賛スポンサーは、市民ランナーとそのネット上の友人・知人に対してタイムリーなアプローチができる。

 第一弾として、本年3月に開催された「京都マラソン2013」において、ランナーの通過タイム情報が協賛スポンサー情報と一緒に、事前に登録したSNSに自動で投稿される、マラソン×ソーシャルメディア連携型のプロモーション企画を展開した。

 実施にあたってはアールビーズの協力のもと、同社が管理する走行データを活用し、結果的に1人のランナーに対して平均50人へのリーチ(認知獲得)と、11人のパーティシパントを得ることができた。参加者の反応も良好であったことから、今後、電通では、国内の主要市民マラソン大会で本サービスの導入を推進していく。

【関連記事】
電通、情報戦略プランニングツール「くちこみデザイナー」開発
電通、カンヌでPerfumeとセミナー開催
運用型デジタル広告専門会社「ネクステッジ電通」設立
ソーシャルマインド、消費者参加型ものづくりソーシャル化サービス「missionz」開始
ソーシャル・ショッピング・サイト「BUYMA」、世界展開本格始動へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/06/19 11:00 https://markezine.jp/article/detail/18002

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング