SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

楽天、「スマポ」を提供するスポットライトを買収

 スポットライト社は、2011年9月よりスマートフォンのアプリを利用した国内初の来店自動検知型の共通ポイントサービス「スマポ」を提供。利用者は加盟店に来店し、専用アプリでチェックイン操作するだけで、商品の購入に関係なくポイントが付与され、ポイントは加盟店が発行する商品券や食事券に交換して利用できる(ポイント交換比率: 1ポイント=1円相当)。

 一方、加盟店側は、付与するポイント数を設定し、実際に来店したユーザー数分の成果報酬型の負担となるため、費用対効果の高い集客が可能となる。O2O市場が急速に発達するなか、現在アパレル、商業施設、百貨店、スーパーマーケットなどの小売店鋪を中心に23都道府県の約700カ所で約90ブランドに加盟店を拡大している。

  楽天は、自社のネット会員基盤を活用し、スマポの送客力強化と加盟店拡大を行うほか、スポットライト社が加盟店に提供している来店検知プラットフォームを活用し、新たに楽天グループの会員を実店舗へ送客するサービスの展開を検討し、O2O事業を強化したい考えだ。

 スポットライト代表取締役の柴田陽氏は、シリアル・アントレプレナーとして、バーコードを読み取るだけで最安値がわかるアプリ「ショッピッ!」などの事業を成功させていることで知られている。

【関連記事】
三井住友カード、ビックカメラや大丸東京店等で「スマポ」活用O2Oキャンペーン
電通とスポットライト、業務提携~「スマポ」をベースにCRMと購買行動履歴を一元化し
楽天市場、9月度流通総額は前年同月比42%増の約1426億円
リアル店舗向けO2Oサービス提供のipoca、1億4,000万円資金調達実施
イオン、ソフトバンクのO2Oサービス「ウルトラ集客」導入

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング