SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

[強化編]ノンクリエイターのためのWebコピーライティング講座

あなたの商品は何を満たすのか? もっとも強い欲望と結びつけるコピーライティング


 文章は問題なく書けるけどコピーの成果はイマイチ……というあなたのために、Webコピーならではのお作法をお伝えします。今回は商品を<ソリューション型>か<モア・ベター型>に分類し、「欲望」をもって訴求するライティング方法を伝授します。

あなたの商品は<ソリューション型>か<モア・ベター型>か?

 広告コピーでも、商品を紹介するコンテンツでも、レスポンスや納得を得るにはニーズやウォンツといった<欲望>と強く結びついていなければならない。たとえメッセージを届ける相手が間違っていなくても、その内容と相手の欲望にズレがあれば、興味はあっさりと消えてしまう。

 商品を<機能>から大きく分けると2つのタイプがある。マイナスをプラスにする<ソリューション型>と、ゼロからプラスに、あるいはプラスをさらに広げたり、高めたりする<モア・ベター型>である。(名称は自分がそう呼んでいるだけで一般的ではないですが)

 <ソリューション型>の商品は、不便、不安、不快、不満といったマイナス状態の「不」を取り除くのが特徴だ。たとえば薬品、健康食品やアンチエイジング化粧品が代表的だろう。

 <モア・ベター型>の商品は、無くても不便ではないがあると便利にしたり、快適をもっと快適にするのが特徴で、今の世では大半の商品がこのタイプだ。また、<ソリューション型>と<モア・ベター型>両方の機能を持っている商品もある。

<ソリューション型>商品のアプローチはマイナスをプラスへ

 <ソリューション型>商品のアプローチは、欲望との結びつきという点でとても分かりやすい。キャッチフレーズを見てみると、マイナスの状態にフォーカスを当てていることが多い。

 たいていは困っている状況を当事者の言葉で言ってみたり、シーンを鮮やかに表現したりしている。また、ストレートに<~で困っていませんか><~でお困りの方へ>と問いかける表現もよく目につく。そしてボディコピーやランディングページで、問題の解決法を示しながら商品へ導いていく…ネガティブから入ってポジティブなイメージを想起させるアプローチだ。

 Webのコピーライティングで気をつける点は、なるべくキャッチフレーズやタイトルに悩みや気になる問題をキーワードとして入れることこと。たとえば<サーバートラブル>や<アクセスが伸びない>といった気になってる言葉だ。キーワードは目に飛び込ませる。

 まず興味のあるキーワードを拾って、読むかどうかを判断するWebの読み手への対策だ。もっともこの考え方は、50年くらい前にディヴィッド・オグルビィ(現代広告の父)が、著書の中で<強烈なコピー作成法>の1つとして披露している。古くさいテクニックだと言ってバカにできないものである。

2014年5月28日(水)「動かす、読まれるWebコピーの発想と作り方」開催

Webの記事を読むのもいいけれど、実際に有田憲史さんに会って直接講義を受けませんか?

「コピーの中で最も重要なキャッチフレーズの作り方」「説得力アップのための フレームワークとレトリックの紹介」の2点に重点を置き、動かす、読まれるWebコピーの発想と作り方を学べるオススメ講座です。

★☆★「説得力アップ!動かす、読まれるWebコピーの発想と作り方」の詳細・お申し込みはこちら★☆★

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
<モア・ベター型>商品は、普遍的欲望「健康、安心、お金」で攻める

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
[強化編]ノンクリエイターのためのWebコピーライティング講座連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

有田 憲史(アリタ ケンジ)

 コピーライター(キャリア24年)。主な仕事は広告や販促ツール、Webサイト、IRツール、ダイレクトマーケティングの企画やコピー。時々マーケティングプランナーも。その他さまざまな仕事もこなしており、ネット通信講座のコピーライティングの講師、マーケティングコンサルタントやゴーストライターの経験も。これまで担当した業界は電機メーカー、IT、不動産、自動車メーカー、健康食品、流通、食品など。●ブログ「コピーライターが思わず ! となったコピー。」 ●Twitter:ありけん@arikenunited

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/04/28 12:18 https://markezine.jp/article/detail/18778

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング