SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

モバゲー、日テレに続いてTBSの新番組でもユーザー投稿を紹介

 ディー・エヌ・エー(DeNA)が運営するケータイゲーム&SNSサイト「モバゲータウン」は、ユーザー参加型投稿コーナー「モバゲー印税銀行」で、テレビ番組と連動した新しい試みを開始する。

 架空の銀行をモチーフにした「モバゲー印税銀行」は、「モバゲータウン」ユーザーが、テレビ番組やDVD、書籍の企画案や作品を投稿するコーナー。ユーザーは「口座」と呼ばれる窓口を通じて投稿し、優秀なアイデアや作品を投稿したユーザーには、「印税」としてモバゲータウンの仮想通貨「モバゴールド」が支払われる。「モバゲー印税銀行」には、すでに 7,600通にものぼる投稿があり、選出された7案に「印税」が支払われたという。

 この人気を受けて、東京放送(TBS)で10月5日から始まる新番組「Woogie Boogie(ウギブギ)」内のコーナーでユーザーの投稿作品が紹介されることになった。番組からの最初のお題として、タレントの中川翔子自作の4コママンガのセリフを「モバゲー印税銀行」で1か月間募集する。採用された作品はアニメ化して番組内で発表。作品が紹介されたユーザーには「印税」として「モバゴールド」がプレゼントされる。

 「Woogie Boogie(ウギブギ)」の放映は、毎週金曜の25:25~25:55。モバゲータウンは、日本テレビの「モバポスGREAT」でもユーザーの投稿作品を紹介する試みを10月3日に始めたばかり。

プレスリリース:「ケータイゲーム&SNSサイト「モバゲータウン」に開設中のユーザー参加型企画案投稿コーナー「モバゲー印税銀行」に新展開」 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

井浦 薫(編集部)(イウラ カオル)

MarkeZineで主に書籍を作っています。 並行して、MONEYzineにも力を入れています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/10/05 18:14 https://markezine.jp/article/detail/1892

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング