SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Google、広告付きの動画配信をAdSenseでスタート

 米Googleは、サイトのコンテンツに適した動画に広告を付けて配信する広告メニュー「Video units」の提供をAdSenseで開始した。

 「Video units」では、AdSenseプログラムを利用しているサイト運営者が、サイトに適したビデオのカテゴリを選択すると、YouTubeのコンテンツパートナーから動画が配信される。この動画には、表示場所が異なる2種類の広告―「テキストオーバーレイ広告」と「コンパニオン広告」が表示される。テキストオーバーレイ広告は、動画再生画面の下部20%の部分を占める半透明の広告スペースに表示され、コンパニオン広告は再生画面の上部に表示される。

 動画は、カスタマイズ可能な組み込み型のプレーヤーで再生される。サイト運営者は自分のサイトに合ったビデオのカテゴリを選び、プレーヤーの色などを指定して、自分のサイトにふさわしいコンテンツとして提供することができる。

 この広告をサイト訪問者がクリックすることによって、サイト運営側とコンテンツを提供側の双方が広告収入を得る。強制的にCMを視聴させられることに対するネットユーザーの拒否反応を考慮してか、Googleは「動画CM」ではなく、あくまでも控えめな広告付きの動画コンテンツを配信することで、サイト訪問者の目を広告へ向けようとしている。

プレスリリース:"AdSense goes straight to video -- units, that is"
Video unitsの導入例はこちら:"Introducing video units"(Inside Adsense)

参考:GoogleがAdWordsとYouTubeで提供している動画広告についてはこちら

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

井浦 薫(編集部)(イウラ カオル)

MarkeZineで主に書籍を作っています。 並行して、MONEYzineにも力を入れています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/10/25 20:41 https://markezine.jp/article/detail/1906

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング