SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ネットスター、ネット犯罪から子どもを守る 複合カフェ業界向けフィルタリングサービスを開始

 ネットスターは、複合カフェ業界向けのフィルタリングサービスを開始することを10月18日に発表した。このサービスの導入第1号店舗として、複合カフェ業界最大手のランシステムが、新店舗「スペースクリエイト自遊空間 BIGBOX高田馬場店」においてネットスターのサービスを採用したこともあわせて発表された。

 現在、ネットカフェやマンガ喫茶などの複合カフェを未成年者が利用する際に、ネット犯罪の被害者・加害者となるケースが懸念されている。この対策として、業界団体である日本複合カフェ協会は、掲示板やブログなどへの書き込みの規制や、ダウンロードサイトなどへのアクセスブロックなど、利用者のアクセスを制限するフィルタリングソフトの導入を推進しているが、運用の手間が負担となり、実際の導入率は、10~20%と低迷しているという。

 ネットスターは、こうした状況を踏まえて、ヤマハ製ビジネスルータ上で動作する同社のフィルタリングサービスをベースに、複合カフェ業界向けのサービス提供を開始。店内のネット閲覧を一括して制御することが可能なため、パソコン1台ずつへのインストール作業が不要になり、フィルタリング有無の切り替えなどの運用負荷を大幅に下げることが可能になるとしている。

プレスリリース:「ネット犯罪から子どもを守る、複合カフェ業界向けフィルタリングサービスを開始 ~複合カフェ業界最大手ランシステム社の「自遊空間」最新店舗がネットスターのサービスを採用~」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

井浦 薫(編集部)(イウラ カオル)

MarkeZineで主に書籍を作っています。 並行して、MONEYzineにも力を入れています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング