SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

もしもドロップシッピング、人気のペット商品の取り扱いをスタート

 ペット商材の小売・物流を行うヒノキは、もしもが運営する「もしもドロップシッピング」向けに、ヒノキが取り扱う商品データの提供を開始した。提供商品データは約1,000点からスタートし、最終的には、ヒノキの全商品の取り扱いを予定している。

 ヒノキは、大手ペット問屋のマーク産業との業務提携によって、6,500点にも及ぶその豊富な在庫を活用し、在庫負担なしでフードやシーツなどの重い商品を直接顧客へ配達する「家まで届けますよ!物流」システムを構築。このサービスを他社にも提供している。

 もしもは今回の提携を通じて、市場が拡大しているペット商品を大量に導入することにより、ペット愛好者をドロップシッピング利用者に取り込み、裾野の拡大を目指すとしている。

プレスリリース:「株式会社もしもと株式会社ヒノキが業務提携 『もしもドロップシッピング』に、「ペットと陽だまりのある暮らし。」を考えるヒノキのペット商品、全6,500点を提供開始」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

井浦 薫(編集部)(イウラ カオル)

MarkeZineで主に書籍を作っています。 並行して、MONEYzineにも力を入れています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/10/24 17:40 https://markezine.jp/article/detail/1954

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング