SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Criteo、北京にオフィス開設、中国での事業を本格化

 仏Criteoは今年2月、中国担当マネージング・ディレクターとしてアン・ワン氏が就任。中国はCriteoの重要戦略地域のひとつであり、ワン氏のポストは中国での事業を本格展開するにあたり新設されたもの。そして5月13日、Criteoは北京にオフィスを正式に開設し、中国における事業を本格的に開始したことを発表した。

 Criteoの自己学習型アルゴリズムエンジンは、数10億件もの購買関連データを分析し、消費者・ユーザの興味レベルと購買行動を予測し、最適なターゲットにパーソナライズされたディスプレイ広告を提供する。

 そのCriteoが本格的に進出する中国は、インターネットユーザ数が3億4700万人を超え、米国に次ぐ規模を持つEコマース市場に成長。2016年までにそのオンライン支出は米国を抜くと予想されている。また、中国のスマートフォンユーザーは年内には4億6600万に達する見込みで、Criteoはパーソナライズされたモバイル広告ソリューションを提供する。

【関連記事】

Criteoが2014年第1四半期の決算を発表、同社過去最高の業績達成
Criteoのリタゲ・レコメンデーション広告、国内インターネットユーザーの約9割にリーチ
AMoAdとCRITEO、スマホアドネットワークパートナーシップ締結へ
中国最大規模のリタゲ広告DSP「YICHA MediaV DSP」、日本でもサービス開始
イージス、「北京创世奇迹广告」の株式100%取得で合意

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/05/14 18:15 https://markezine.jp/article/detail/19975

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング