SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

newsing、ニュース記事の「ソーシャル検索」機能を追加

 株式会社マイネット・ジャパンは本日、同社が運営・管理するソーシャル・ニュースサイト「newsing」内で、ニュース記事の「ソーシャル検索」機能を開始すると発表した。ユーザーが興味のあるキーワードに関して、コミュニティ内でより支持されたニュース記事を見つけ出すことが可能になった。
 
 今回の機能追加の背景として同社は、7月27日の「newsing」オープン当初よりユーザーから、「newsingに蓄積された記事を検索したい」という意見が多くあったことを言及。このニーズに応えると同時に、単なる記事検索だけではなく多くのユーザーの意見が検索結果に反映されるようにしたサービスであるとしている。

 「ソーシャル検索」は、気になるキーワードに関連したニュースを、コミュニティの意見を参考にしながらチェックできる機能。まず「newsing」に蓄積されたニュース記事の中から、検索キーワードにマッチしたニュースをユーザーの人気順に表示する。そして、ユーザーが記事毎に付加している「タグ」で検索結果を絞り込み、最適な検索結果に辿り着けるようにするというもの。また、人気順・コメント数順・日付順と3種類のソート機能により、それぞれの用途に応じた検索結果を得ることができる。

 利用方法は以下の通り
・「newsing」にアクセスし、上部にある検索ボックスに好みのキーワードを投入して「ソーシャル検索」ボタンをクリックすることで利用できる。
・検索結果画面上部に現れるタグクラウド中のキーワードをクリックすると、検索結果をそのキーワードで絞り込むことができる。
・検索結果上部にある「人気順」「コメント数順」「日付順」のリンクをクリックすると、それぞれの順番に検索結果を並べ替えることができる。

 同社では「今後も、ユーザーからの意見・機能要望の声をタイムリーに反映して続々と「newsing」への機能拡充を行い、より満足度の高いサイトにしたい」としている。また「同サイトは参加するユーザーが多ければ多いほどサービス性が向上する「ネットワークの外部性」の効くサービスであり、ユーザーのベネフィットを極大化できるよう、「newsing」を国内最大のユーザー参加型ニュースサイトにすることを目指す」と述べている。

ニュース元:newsing:【機能追加のお知らせ】記事のソーシャル検索機能をリリースしました

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2006/09/14 14:23 https://markezine.jp/article/detail/202

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング