MarkeZine(マーケジン)

記事種別

日本が最もワールドカップに関心が高い?ソーシャルメディア上の言及度、37%で世界トップに【アドビ調査】

2014/06/16 08:30

 Adobeは、ソーシャルメディア上で「2014 FIFA World Cup」がどの程度言及されているかについて、世界230か国を対象に調査を実施した。本調査はAdobe Socialを使い、2013年6月から現在まで、TwitterやFacebook等のソーシャルメディアのデータを収集、分析したもの。

 その結果、国別の言及率では日本が最も高く、37%を占めた。次いで英国(11%)、ブラジル(9%)、ドイツ(8%)、米国(8%)と続いた。地域別ではアジアパシフィック地域が全体の48%を占めており、EMEA(欧州、中東、アフリカ)地域が32%、南北アメリカが20%となり、アジアパシフィック地域でのワールドカップへの関心の高さが明らかになった。

 また、現在までに収集されたデータでワールドカップへの言及は6,900万回以上に。月間の言及数では、開幕当月を迎えるまでに1,900万回を突破し、スーパーボウル、ソチオリンピックを上回った。さらにワールドカップは、世界の90%の国で言及されており、ソチオリンピック(84%)、スーパーボウル(78%)を抜いて、ソ-シャルメディア上において最も言及されたスポーツイベントとなった。

【調査概要】
実施期間:2013年6月から継続中
調査ツール:Adobe Social
対象国数:世界230か国
対象ソーシャルメディア:ブログ、Facebook、G+、Reddit、Twitter、Dailymotion、Flickr、Instagram、Tumbl、VK、Disqus、Foursquare、Metacafe、Wordpress、YouTube

【関連記事】
アディダス、六本木ヒルズに『2014 FIFA World Cup Brazil STADIUM』期間限定オープン!
Jストリーム、街頭ビジョン番組「サッカー試合速報2014」の動画配信サポート
ソーシャルメディア分析ツール「見える化エンジン」バージョンアップ
ソーシャルメディア上のあらゆる情報をいち早くゲット!「Yahoo!リアルタイム検索」
はてな、ソーシャルニュースアプリ「Presso by はてなブックマーク」をiPhone向けに公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5