SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

DACグループとJR東日本企画、交通広告と「mixiモバイル」のタイアップ商品を販売

 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)とインタースパイアは共同で、ジェイアール東日本企画と、交通広告とインターネット広告(モバイル)を連動させたクロスメディア型広告商品の企画・販売を発表した。

 JR東日本の交通広告を扱うジェイアール東日本企画は、車両内の中吊り・車体広告・ステッカーから駅構内のポスター・サインボードといった幅広い広告メディアを提供。一方のDACグループは、PC・モバイル向けに多様なインタラクティブ広告を展開している。

 今回発表されたのは、山手線主要6駅に設置した駅ポスターに「mixiモバイル」タイアップページへの誘導告知文言を掲載するクロスメディア型広告。ポスターに興味を持ったJR利用者が、設置されているタッチリーダーに「Suica」や「モバイルSuica」をかざすと、事前に登録された利用者の携帯電話に情報が送信され、「mixiモバイル」のタイアップページへ利用者を誘導する。

 ここでポイントになるのは、交通広告の新しいインタラクティブツールである駅ポスターの「SuiPo」。ポスター設置枠の脇にタッチリーダーを備えている「SuiPo」は、「新宿駅(パノラマ)」「東京・新宿・池袋の3駅」「渋谷・上野・新橋の3駅」の3タイプの広告枠を展開している。このシステムによって、SNS内での話題性を高めるために、配布するインセンティブを駅ごとに設定する等の対応も可能となっている。

プレスリリース:「“WEBサイト×折込広告×交通広告”インターネットと各種広告媒体を連動させたクロスメディア型広告商品の販売を開始!」

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
インタースパイア
ジェイアール東日本企画

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/10/31 17:01 https://markezine.jp/article/detail/2037

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング