SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「コードアワード2014」受賞作品決定!グランプリはエバラ「おくちの中の遊園地」、パブリックベストはロッテ「自撮り48」

 D2Cはデジタル広告・マーケティングのアワード「コードアワード2014」の受賞作品全13作品を決定、贈賞式を開催した。グランプリは、Webとリアルイベントを通して、子どもが野菜を食べるきっかけ作りを行ったエバラ食品工業「おくちの中の遊園地」。Webでの一般投票によって選出されたパブリックベストを、アイドルグループHKT48による自撮り動画のWeb投票を行ったロッテの「自撮り48」が受賞する結果となった。

「おくちの中の遊園地」(上)、「自撮り48」(下)
「おくちの中の遊園地」(上)、「自撮り48」(下)

 「コードアワード2014」は、昨年まで開催されていた「モバイル広告大賞」から対象をデジタル領域全体に広げたもので、今回は2013年度に実施・開始されたマーケティングコミュニケーションの事例を8名の審査員が審査し、13作品を選出。

受賞一覧

 本アワードでは、グランプリとパブリックベストの他に、数値としての成果が顕著に表れた作品に贈られる「イフェイフェクティブ」部門、数値の成果に関わらず、評価できるブランディング施策に贈られる「ブランディング」部門、企画アイディアの斬新さや訴求力が目立つキャンペーンに贈られる「キャンペーン」部門、デジタルメディア連携による効果を引き出した施策に贈られる「ユーズ・オブ・メディア」が用意された。

 審査員で、式のプレゼンターを担当した夏野剛氏は総評として「これまではインターネットの活用というと、すごく頑張って工夫している作品・施策が多い印象。しかし今回は、インターネットやデジタルが溶け込んで、上手に使いこなされている作品ばかり。選ぶのは難しくで、審査員泣かせでした。リアルとデジタルを融合させる能力の高さを感じます」と語った。

【関連記事】
オンライン特化の動画作品コンテスト「BOVA」、グランプリは「SUPER NB Bros.」に決定!
オプト、懸賞金付データ分析コンテストを実施
ピンタレストと楽天ら、「Oishii Japanレシピコンテスト」を開催~複数のレシピサイトで募集へ
グリコ、「あの」お馴染みのCMソングに合わせたムービー投稿コンテスト開催!
サイボウズ×ランサーズ、「新ロゴデザインコンテスト」結果発表!

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/07/10 21:59 https://markezine.jp/article/detail/20476

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング