SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

リサーチデータで読み解く!最新Webマーケティング

【セキュリティ調査】記憶派?メモ派?ID/パスワードの保管方法

Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社の株式会社 ボーダーズ と共同調査のもと、インターネットセキュリティーについて調査を行った。

ID/パスワードの記憶方法は?

 今回の調査では、IDやパスワードはいくつ持っているのか、またそれをどのようにして記憶しているのかについて調査した。その結果、複数のIDやパスワードは自分自身で記憶している人が44.8%で最も多いことがわかった。

 調査対象は、20歳以上のインターネットユーザー500人。男女比は、50%ずつの均等割り付けを行った。年齢比は、20代:19.6%、30代:41.6%、40代:24.2%、50代:11.0%、60歳以上:3.6%となった。

 まずQ1では、PCのメールアドレスをいくつ持っているのか尋ねたところ、「2個」が29.8%で最も多く、次いで「1個」が26.4%、「3個」が18.4%となった。「2個」から「10個以上」を合わせると73.6%となり、多くのユーザーが複数のメールアドレスを持っていることがわかる。

 この設問はメールアドレスの所持数を尋ねたものとなっており、実際に使っているメールアドレス数ではないが、複数のメールアドレスを所持していることから、中にはメールアドレスを用途によって使い分けているユーザーも多いと考えられる。

 Q2では、IDやパスワードをいくつ持っているのか尋ねた。

ID/パスワードは複数持つのが当たり前?

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
リサーチデータで読み解く!最新Webマーケティング連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社セプテーニ(カブシキカイシャセプテーニ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/11/07 10:00 https://markezine.jp/article/detail/2062

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング