MarkeZine(マーケジン)

記事種別

生活者視点でまちづくりを構想する「博報堂ブランドデザイン スマートx都市デザイン研究所」設立

2014/08/04 11:30

 博報堂は、「まちづくり」「都市デザイン」を生活者視点で構想・立案する専門チーム「博報堂ブランドデザイン スマートx都市デザイン研究所」を設立し、2014年8月より活動開始する。

 日々進化するテクノロジーによって、車や鉄道などのモビリティ、ビルや住宅、エネルギーなど、街を構成する様々なモノ・サービスがスマート化している。スマート化したモノ・サービスによって構成された街は、今よりも住みやすく、生活の質が向上するものとして、期待が寄せられている。そして単体での開発・利用・システム化ではなく、複数そして無限のモノ・サービスと繋がりあい、より高次元にネットワークされることが予想される。

 この度設立した同研究所では、「生活者発想」でモノやサービスの提供価値を探求してきたノウハウや知見を「まちづくり」「都市デザイン」にも活かし、当該フィールドに参画していく。テクノロジー主導ではなく、くらし主導でスマート化を捉えることで、まちづくりの可能性を広げていく。

【関連記事】
Tポイントとヤフー、祖師谷の3商店街で「Tポイント」を使った地域活性化の取り組み
三井不動産、マレーシア・クアラルンプールと台湾におけるアウトレット建築に着工
新規事業の一環として、ソニー不動産設立へ
清川あさみデザインの「スターバックス カード」、ARで蝶が飛び出す
図書印刷、Amazonギフト券のオリジナルデザインの製造・販売をスタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5