SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ユニクロ、米国ハーバード大学院日本人留学生を対象とした奨学金プログラムを創設

 ユニクロは、若手人材の育成支援を目的として、米国ハーバード大学の経営大学院Harvard Business Schoolおよび、デザイン大学院Harvard Graduate School of Designに入学する日本人私費留学生を対象とした奨学金プログラムを創設する。

 同プログラムは、2015年9月から3年間、各大学院とも毎年1名、計6名の留学生に対し総額最大120万米ドル(約1億2,000万円)の奨学金を提供する。このうち、経営大学院留学生には1名あたり最大20万米ドル(約2,000万円)をユニクロが供与する。また、デザイン大学院については、3年間で60万米ドル(約6,000万円)を、ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長の柳井正氏が個人として大学院が運営する奨学金に寄付し、大学院の奨学金プログラムを通して学生に支給される。

 選考は面接と書類審査から成り、最終面接は柳井氏と各校の教授が実施する。さらに合格者には留学期間中にファーストリテイリングでのインターンシッププログラムが提供される予定。

【関連記事】
スターバックス、従業員が大学を卒業できるよう学費支援プログラムを開始
福岡市「スタートアップ奨学金」を創設、地元で創業・就職すると返還免除
ユニクロ、オリジナルTシャツをつくってそのまま購入できるアプリ『UTme!』リリース
ジーユー、モバイル会員1,100万人突破~スマホ向けアプリ施策やLINE施策が貢献
ユニクロ、モバイル決済サービス「Square」導入

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/09/19 09:00 https://markezine.jp/article/detail/20935

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング