SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

住友商事、マレーシアでEC事業本格参入~ASEAN諸国でのEC市場開拓へ

 住友商事は、マレーシアにおけるEC事業として「SOUKAI.my(ソウカイ・ドット・マイ)」を正式にオープンした。同国全土を対象に、生活用品を中心としたECサービスを提供していく。運営主体は、住友商事グループが100パーセント出資するSumisho Ecommerce Malaysia Sdn.Bhdとなる。

 約3,000万人の人口を抱え、一人当たりのGDPは1万ドルを超えるマレーシアでは、インターネットの普及率は60%を超え、近隣諸国に比べてもネットユーザーが多い市場だ。同国のEC市場は、2011年から2014年では240%(平均では135%/年)と高い成長率で推移しており、すでに日本の大手EC企業も参入している。一方で、小売全体にしめるECシェアは1%に満たないレベルにあり、今後の成長・拡大が大きく期待されている。

 住友商事は、日本において日用品ECサイト大手に成長した「爽快ドラッグ」をモデルに、アジアでのEC事業を積極的に展開している。同社は、2013年からの中期経営計画で「アジアのリテールビジネス」を全社育成分野と位置付けており、有望市場であるアジア地域でのEC事業を積極的に展開・拡大し、2020年には国内と海外をあわせて年間売上1,000億円規模への拡大を目指す。

【関連記事】
オプトグループ、タイのファッションEC「WearYouWant.com」運営企業と資本業務提携
リンクシェア・ジャパン、アフィリエイトで越境ECを支援~米国ECサイト広告の掲載サービス開始
米国NY発のECサービス「FANCY」、Twitterと連携へ
LINEのECサービス「LINE MALL」、新戦略発表
クックパッド、EC事業拡大を目的にオンラインショップ運営企業を子会社化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング