SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

消費・流通・経済指標開発プロジェクトが「SRI一橋大学消費者購買指数」の公表を開始

 9月29日、インテージ、一橋大学経済研究所、一般社団法人新日本スーパーマーケット協会は、消費・流通・経済指標開発プロジェクトで開発した「SRI一橋大学消費者購買指数」の公表を開始した。今回発表された最新データは、9月15日~9月21日までの週次データで、総合指数のほかに、地域別・業種別の指標も公開された。今後、毎週指数を作成し、月曜日に一橋大学経済研究所経済社会リスク研究機構のホームページで公表される。また。無償でデータのダウンロードが可能となっている。

 同指標は日本全体の消費者の支出変動(売り上げの変化)とその要因を、購買価格指数(商品の価格の変化)、購買数量指数(購買数量の変化)、商品入替効果指数の3つから明らかにするもので、次の特徴を持っている。

  1. 全国の小売店約4,000店舗、数百万種類の商品取引データ(POSデータ)に基づき、地域代表制を確保した高精度な統計
  2. 毎週月曜日に前々週分の指数が発表される迅速な統計
  3. 個別商品のPOSデータを利用し、売上、販売価格、数量の変動、新旧商品の入れ替えの影響も含まれる

【関連記事】
インテージ、ブランドとメディアのつながりを捉える分析サービス提供へ
電通、消費者個人のメディア接触・購買行動・生活意識の統合分析を実現
ユニクロ、米国ハーバード大学院日本人留学生を対象とした奨学金プログラムを創設
LINE×静岡大学、ネットの使い方自ら考える「小中学生向け情報モラル教材」の配布開始
明治大学商学部×神奈川県、大学生が運営する「なごみま鮮果」が8周年

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング