SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ロックオンがエム・データと連携、 自社CMだけではなく全TV放送実績データを含めた分析が可能に

 株式会社ロックオンとエム・データが業務連携を発表した。連携の第一弾として、株式会社ロックオンが提供してきたマス広告とインターネット広告とのクロス分析サービス「エビスファイブ」に、エム・データの提供する「TVメタデータ(TV番組とTVCMの放送実績データ)」を紐付けることにより、自社で把握しきれていないテレビ放映状況も統合したマーケティング分析を実現。提供を開始する。

 この分析により、自社で保有するデータだけでは想定できていなかった、TV全体からの影響をより正確に把握でき、それに基づき広告の予算配分や配信タイミングの判断ができるようになる。

 なお、TVメタデータとは、エム・データが提供するTV放送実績データ。東京・名古屋・大阪地区のテレビ局で放送されたテレビ番組やテレビCMの内容を、サマライズ(要約)し、「いつ」「どこで」「何が」「どのように」「何秒間」放送されたかを、テキスト化・データベース化したもの。

【関連記事】
オールアバウトとロックオン、閲覧者の「愛着心」や「思い入れ」を可視化する分析を開始
ロックオン、売上まで加味した間接効果の評価を可能に
ロックオン、5媒体のマーケ施策を包括的に分析する「エビスファイブ」リリース
AOL、テレビのターゲティングと分析を一気通貫で可能に
Xaxis、テレビ放映中のCMに合わせた広告を視聴者のセカンドスクリーンにほぼリアルタイム配信

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/01/22 16:11 https://markezine.jp/article/detail/21127

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング