MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Kruxのカントリーマネージャーに前TubeMogulジャパン代表の狩野昌央氏、DMPを本格展開

2014/11/11 19:10

 2010年設立のKrux(クラックス)は、マーケターとパブリッシャー双方にクラウドベースのDMPを提供している。今回、東京にオフィスを開設し、日本でアドテクノロジー企業の経営と市場開拓に取り組んできた狩野昌央氏がカントリーマネージャーに就任。DMP事業を本格的に展開する。

 東京・六本木ヒルズで行なわれた記者会見で、CEO兼共同創業者トム・チャベス氏は、同社のミッションを「ピープルデータの活用」と説明する。同社のデータマネジメントプラットフォーム(DMP)が扱う20億のデバイスとブラウザ、5ペタバイトにも及ぶデータなどを通して、ビジネスと人を生産的に作用させることを支援する。

Krux社CEO 兼 共同創業者 トム・チャベス氏
Krux社CEO 兼 共同創業者 トム・チャベス氏

 チャベス氏は「企業はたくさんのデータをもっているが、それを有効なエンゲージメントに活かし、収益向上に結びつけていない。かつては夢物語だったOne to Oneマーケティングがいま現実のものになろうとしているが、それは簡単なことではない」と語る。Kruxはデータ活用に関する課題を解決するため、DMPにデータを集約し、収集したデータから消費者インサイトを得て、データのマッピングを行ない、マーケティングへ活用し、実施した戦略を評価するところまで含めて支援する。こうした一連の流れによって、ピープルデータのアクティベーション(活性化)を継続的に行うことが可能になると語った。

 Kruxは、パブリッシャーやエージェンシーをはじめとして全世界で100社以上で採用されている。とくに、ケロッグ、AARP、Rolling Stoneは、データドリブンマーケティングに欠かせないコントロールセンターとしての役割、迅速な投資回収、ダイナミックなコンテンツ提供などに同社のソリューションを活用している。

 日本はオーストラリア、シンガポールに続く、Kruxのアジア・パシフィック地域における今年3番目の拠点となる。日本のカントリーマネージャーには、動画広告のTubeMogulジャパン代表取締役兼CEOを務めた狩野昌央氏が就任。狩野氏はまず、事業拡大、パートナーとの関係強化、日本の顧客のニーズへの対応の3つに注力する。

Kruxのジャパン・カントリーマネージャーに就任した狩野昌央氏(左)

Krux ジャパン・カントリーマネージャーに就任した狩野昌央氏(左)

 現在採用活動を本格化しており、プラットフォームの日本語化も最優先で進めている。また、これまで提携してきたサイバー・コミュニケーションズ(cci)との関係をさらに強化し、顧客獲得に務めると語った。

【関連記事】
cci、米国Krux社と業務提携~媒体社向けクラウドベースDMP活用マネジメントサービス提供開始
オラクル、BlueKaiのDMPと「Oracle Marketing Cloud」を統合
ライオンがデジタルマーケティング戦略発表、DMP導入からコンテンツネットワーク構想まで
ロックオン、広告効果測定システム「アドエビス」をコアとしたプライベートDMPをライオンに提供
電通、Turnのソリューションを採用~DMP・データ分析などデータドリブンマーケティングを推進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5