SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ソフトバンクモバイル、福井県立恐竜博物館でウエアラブル実験実施へ

 ソフトバンクモバイルは、2015年1月中旬より、ウエアラブル端末を利用した実証実験を福井県立恐竜博物館にて実施する。同実験では、メガネ型ウエアラブル端末や腕時計型端末を用いて、AR技術による恐竜の映像表示や、展示の解説、館内ナビゲーションなどを行い、ウエアラブル端末が新しいサービスや付加価値を生み出す可能性について検証する。

 実証実験には、ACCESS社のサービスプラットフォームおよび、NECの画像認識サービス「GAZIRU(ガジル)」を活用する。なお同実験は、ウエアラブル端末関連産業の育成を目的とする福井県の「ふくいe-オフィスプロジェクト補助金(ウエアラブル関連実証実験支援分)活用事業者募集」の公募に、ソフトバンクモバイルの企画案が採択され、実施されるもの。

【関連記事】
ポータルサイト「goo」運営のNTTレゾナント、ウェアラブル端末向け開発を強化
ウェアラブルデバイスの世界市場規模、2015年には1億台突の見込み【矢野経済研究所調査】
Mindshare、ウェアラブルテクノロジーグル―プ設立、MapMyFitnessらと企業を支援
ソフトバンクモバイル、ジーニーの協力によりSSP事業を開始
オムニバス、ソフトバンクモバイルの新広告メニューへ動画広告配信技術を提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/11/17 09:00 https://markezine.jp/article/detail/21385

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング