SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

AXAグループがGoogleの位置情報ゲーム「Ingress」と世界規模のコラボ、最強のシールド提供

 フランスの生命保険会社AXA Groupは、世界中に2万以上の代理店を展開しているが、今回の提携によって、それらの店舗が位置情報ゲーム「Ingress(イングレス)」内の拠点である「ポータル」として登場する。これによって、AXAブランドのポータルはドイツ、イタリア、スペイン、ポーランド、インドネシア、スイスでアクセス可能になった。米国と日本を含むその他の国でも2015年に対応を開始する。

Ingressは「青」と「緑」の2つの勢力がゲームの世界観の中で競い合う。
左の画面内の青と緑の光が出ている部分がポータルで、現実の世界の建物や文化的遺産などが登録される。
右はポータルを守るアイテム「シールド」の画面。

Ingressは「青」と「緑」の2つの勢力がゲームの世界観の中で競い合う。
左画面内の青と緑の光が立ち上っている部分がポータル。主に現実世界の建物や文化的遺産などが登録される。
右はポータルを守るアイテム「シールド」。

 この取り組みでは、ポータルを守るアイテムであるシールドに「AXAシールド」が加わり、ゲーム内で提供されるディフェンス用のユニットとしては最も強力なものとなる。このシールドはどのポータルでも獲得できるが、AXAブランドのポータルから獲得できる確率が高くなる。保険会社だけに、ポータルを守るシールドにブランドを冠したのがおもしろいところ。

 GoogleのNiantic Labsが開発・運営するIngressは世界中で200か国、800万以上のプレーヤーが活動。スマートフォンを片手に移動し、現実世界のさまざまな場所を訪れてポータルにアクセスしたり、ポータル間にリンクをはることで2つの勢力が競いあう。12月13日には日本で大規模なイベント「Darsana」が開催されたばかり。また、日本ではローソンがコラボレーションを開始しており、ローソン店舗がポータル登録されたときには国内のプレーヤーの間で話題になった。

ローソンの店舗がポータルとして登場
ローソンの店舗がポータルとして登場

 AXAグループのチーフ・マーケティング&ディストリビューション・オフィサーであるフレデリック・タルディ氏は、「AXAは物理世界と仮想世界の両方で人々を守る、はじめての保険会社となりました」とコメントしている。

【関連記事】
ローソンがGoogleの位置情報ゲーム「Ingress」とコラボか? そのゲーム世界と「リアル課金」
ローソン、Googleの位置情報ゲーム「Ingress」と全面タイアップ、全店舗をポータル登録
Googleの位置情報ゲーム「Ingress」のイベントに真鍋大度氏がDJ/VJとして登場
コロプラとKDDI、位置情報データを活用した商圏分析レポートの提供を開始
ライフネット生命が「モバイル生命保険申込サービス」、若年層の取り込みへ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/12/17 16:41 https://markezine.jp/article/detail/21626

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング