SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2007年の気になるSEOキーワード、トップ3は「FX・転職・SEO」【DoctorSEO調査】

 SEOツール「DoctorSEO」の開発・運営を行っているジーネットワークスは、2007年1月1日から11月30日の間に、「DoctorSEO」の利用者が入力したキーワードをもとにした「DoctorSEO 年間キーワードランキング2007」を発表した。

 このランキングからは「WebマスターがSEO対策で気にしているキーワード」が分かり、ランキング上位のキーワードに関しては「SEO対策をしているサイトが多いキーワード」であると推測することができるとしている。総合ランキングの結果は以下のとおり。

1 位 FX
2 位 転職
3 位 SEO
4 位 ホームページ制作
5 位 エステ
6 位 賃貸
7 位 アルバイト
8 位 人材派遣
9 位 ダイエット
10 位 キャッシング

 ランキングには、「FX」や「キャッシング」などのお金の仲介サービス、「転職」「アルバイト」情報、「人材派遣」の情報を扱う人材仲介サービス、賃貸用不動産の仲介サービスなど、人、物、場所、お金の仲介サービスに関わるキーワードが上位にランクインしている。ジーネットワークスは、金融、ファイナンス系のキーワードで上位表示されているサイトの中で比較サイトが多いのはアフィリエイトの料率が高いことも要因のひとつと分析している。

 同社は、総合ランキングのほかにも、「Web制作系」「食べ物系」「金融・ファイナンス系」など、カテゴリ別のランキングも各種発表している。

プレスリリース:「「DoctorSEO年間キーワードランキング2007」を発表!1位「FX」2位「転職」3位「SEO」4位「ホームページ制作」5位「エステ」 」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング