SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Googleの過去10年の成長がひと目でわかる!エコンテ、インタラクティブ・チャートを公開

 エコンテは、2005年Q3以降の決算発表をもとに、Googleの成長を直感的に把握できる「インタラクティブ・チャート」を公開した。同チャートでは、PL(損益計算)、BS(バランスシート)、GAAP(米国会計基準)ベースと非GAAPベースの営業利益・純利益、TAC(トラフィック獲得コスト)の4点について、クオーター毎に時系列で比較して見ることができる。

 グラフにマウスオーバー(スマートフォンの場合はタップ)すると吹き出しが表示され、詳細な数値を見ることができる。PCでは、グラフ上部の各項目名をクリックすることで、表示/非表示を制御することができ、見たい項目のみを表示させ比較することも可能だ。スマートフォンで見る場合は、縦長の画面でも見やすいよう、縦方向の時系列グラフを表示している。

 例えば、2015年4月に発表されたGoogleの2015年Q1の決算発表を受けて、多くのメディアが「売上高は前年同期比12%増加」と報じた。これは、Googleの決算発表のサマリーを元にした報道だが、時系列でPLを見てみると、過去最高だった2014年Q4から2015年Q1にかけて、一時期売上が下がっていることが明らかに。ただ、全期間を通して見ると順調に成長していることがわかる。

 また、Googleは2012年に携帯機器メーカーのMotorolaを買収したが、わずか2年足らずの2014年1月末に売却。PLのグラフのうち、この期間のMotorola関連の項目のみを表示し売上と原価の関係を見ると、売上に対して原価がほぼ同額かかっており、売却の理由も納得できる。

【関連記事】
日本の2013年度アプリ経済市場規模は約8,200億円に【グーグル・野村総研調査】
インティメート・マージャー、グーグルのDSP「DoubleClick Bid Manager」と連携
マルケト、Googleサービスとの連携開始~パーソナライズしたデジタル広告の提供が可能に
Googleが検索機能をアップデート~Google検索は「質問を理解して、答えを伝える」サービスに
Google、初の実店舗をロンドンにオープン

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/06/01 15:30 https://markezine.jp/article/detail/22534

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング