MarkeZine(マーケジン)

記事種別

3割超が「コンテンツが無料で利用できるなら、動画広告が流れても良い」と回答【ニールセン調査】

2015/07/03 08:30

 ニールセンは、「スマートフォン・メディア利用実態調査」の調査結果から、スマートフォンユーザーの動画コンテンツの利用状況および動画広告に対する意識について発表した。

 同レポートによると、スマートフォンから「映画やドラマなどの動画」コンテンツを視聴している人は36%で、スマートフォン利用者の3人に1人が利用していた。年代別にみると、年齢層が若くなるほど利用率が高くなる傾向にあり、最も利用率の高い10代では、55%が「映画やドラマなどの動画」コンテンツをスマートフォンから視聴していることがわかった。

 次に、「映画やドラマなどの動画」コンテンツについて今後利用したい(現在利用している場合は、今後も利用したい)サービスプランをみると、“広告が表示される無料プラン”が36%で最もニーズが高かった。2番目に多かった“定額料金で利用し放題のプラン”を利用したいと思う人は6%で、1位の“広告が表示される無料プラン”と大きく差が開いた。また、年代別に“広告が表示される無料プラン”を利用したい人の割合を比較すると、「映画やドラマなどの動画」コンテンツ利用率と同様、年齢層が若くなるほど、“広告が表示される無料プラン”で利用したいと考えている人の割合が高くなっていた。

 また、動画広告に対する意識をまとめたところ、「コンテンツが無料で利用できるなら、動画広告が流れても良い」という回答の割合が34%と最も高くなっていた。次いでコンテンツに関連していれば流れても良いという回答は27%だった。

【調査概要】
調査日時:2015年6月9~10日
調査対象:スマートフォンを保有し、インターネットを利用している日本全国の13歳~69歳の男女
調査人数:計3,010人(サンプル数は、スマートフォン所有者の人口構成比によって割り当て)

【関連記事】
Facebook、新たな動画広告の購入方法「コスト・パー・ビュー購入」を発表
ADK、動画マーケティングのグローバルネットワーク「Sticki」始動へ
閲覧頻度が高いコンテンツとは?トップ3は動画/製品レビュー/HOW-TO【ジャストシステム調査】
グノシー、6月中旬より動画広告「Gunosy Premium Ads ヘッダービデオ」提供へ
CyberZ、YouTube動画広告「TrueView」の効果計測に対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5