SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

スクー、初心者向け学習サービス「かじり部」を発足~生放送ならではの機能で学びをサポート

 動画学習サービス「schoo(スクー) WEB-campus」を運営するスクーは、プログラミングやデザインに興味を持つ初心者を対象にした「かじり部」を発足。8月9日から生放送限定で活動を開始する。各分野で活躍中の専門家が、難しい専門用語をなるべく使わずに指導を行うことで、部員(参加者)は楽しみながら成功体験を重ね、「学び」に対するモチベーションを向上させることができる。

 同サービスは生放送限定。そのため、チャット機能を使ってその場でコーチに質問をしたり、参加者(部員)同士でコミュニケーションをとることが可能。また、放送画面には「ちょっと待ってボタン」を設置。内容についていけなくなった場合に押すことで自分の理解度を伝える事ができる。加えてボタンにはカウンター機能がついているため、「ちょっと待って」の数が一定数溜まった段階でコーチが再度説明するなどといった対処をすることも可能。

 プログラマやWEBデザイナーなどのIT人材が不足していることが、大きな問題となっている。そのため、新しいスキルや知識を持っている質の高いIT人材の育成が重要視されている。一方で、これらの人材は「理系/美術系」「専門職」というイメージが強く、異なった職種の人間が興味を持ったとしても、仕事として活かせるようになるまでには非常に高いハードルがある。そのような固定概念を覆す目的で今回のサービス発足に至った。

【関連記事】
動画学習サービスschooとクラウドワークスが事業提携、クラウドワーカーのスキル向上を目指す
オプト、オンライン動画学習サービスschoo「マーケティング学部」にてオンライン授業を開講
動画学習サービスschooが「マーケティング学部」を新設、マルケトやオプト等が授業を公開
オンライン動画学習サービス「schoo」、3.4億円の第三者割当増資を実施~開発体制の強化等が目的
バンダイとヤフーが協業~ネット上の子ども向けバーチャル学校「WONDER!SCHOOL」オープン

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/07/31 10:00 https://markezine.jp/article/detail/22877

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング