SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINEと日本MS、“女子高生AI「りんな」”活用した人工知能型公式アカウントを企業向けに提供

 LINEは、日本マイクロソフト(以下、日本MS)と連携し、「LINE ビジネスコネクト」と日本MSが開発・提供する人工知能「りんな」を活用した、人工知能(AI)型のLINE公式アカウントを企業向けに提供する。

 「りんな」は日本MSが開発した女子高生AI。LINE公式アカウント「りんな」(LINE ID:@ms_rinna)が公開されており、ユーザーは「りんな」との会話を楽しむことができる。

 今回提供を開始する人工知能(AI)型のLINE公式アカウントは、LINEの企業向けAPIソリューション「LINE ビジネスコネクト」と、人工知能「りんな」の会話エンジン技術を活用したもの。同サービスは、「LINE ビジネスコネクト パートナープログラム」認定の公式パートナーであるDACおよびトランスコスモスを通じ、「りんなAPI for Business」として提供。企業のLINE公式アカウントに実装することにより導入が可能となる。

【関連記事】
LINE、Google Chrome版ウェブアプリを公開~追加インストールなく複数デバイスで利用可能
LINE事業単体の売上額は253億円/海外での広告事業展開も伸長【2015年4-6月期LINE業績】
LINE、青少年のネット利用実態に関する全国調査を実施へ~ネット上のトラブル防止と啓発を強化
伊藤忠とDACが連携、LINE ビジネスコネクト活用したワンストップでのインセンティブ提供を実現
日本価格の3割安くなる場合も、海外ブランドに特化したフラッシュセール「LINEトリップバザール」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/08/07 13:10 https://markezine.jp/article/detail/22928

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング