MarkeZine(マーケジン)

記事種別

会った瞬間「タイクーン」を口説けるビジネス設計を――東南アジアの市場情報が満載『ASEAN企業地図』

2015/11/30 08:00

 翔泳社では11月30日、東南アジア諸国の市場や企業グループの情報をまとめ、詳細に解説した『ASEAN企業地図』を刊行しました。6億人を超え成長を続ける市場を狙う企業にとって、これ以上ない情報源となる1冊です。

ASEAN企業地図

Amazon SEshop その他

ASEAN企業地図
著者:桂木麻也
発売日:2015年11月30日(月)
定価:2,400円(税別)

目次

  • 【巻頭特集】6億人超の巨大市場を攻略せよ
  • 第1章:インドネシア
  • 第2章:タイ
  • 第3章:フィリピン
  • 第4章:マレーシア
  • 第5章:シンガポール
  • 第6章:香港(番外)
  • 第7章:要注目の業界マップ(コンビニ、飲料、自動車、銀行、エアライン、通信、カジノ)
  • 【対談】ASEAN進出に必須の「情報力」と「交渉力」

 日本へのアジア観光客が増加し、インバウンド消費を重要なビジネス戦略に組み込む企業は少なくありません。逆から見れば、それはアジア各国が軒並み成長しているということです。特に東南アジアのこの十数年の成長は著しく、6億1,000万人の市場にかつてない魅力を感じている企業もあるのではないでしょうか。

 ですが、東南アジア各国の情報をどうやって収集すればいいのか、外資規制のある現地でどの企業とパートナーシップを組めばいいのか、分からないことだらけで頭を抱えている方も多いかもしれません。

 東南アジアの企業には日本や欧米とは異なる商習慣が存在します。特に企業グループのトップに立つ「タイクーン」と呼ばれる成功者を頷かせることができなければ、パートナーシップを結ぶことは不可能です。初対面でも、会った瞬間彼らにどんなメリットがあるのか説明できなければなりません。

 国によって人口も成長度も文化も言語も違う東南アジア。いったい何に気をつけてどう準備すれば、この広大なブルーオーシャンに飛び込んでいけるのでしょうか。

 翔泳社では、そんな悩みを抱える方のために『ASEAN企業地図』を11月30日(月)に刊行しました。本書はASEAN諸国で巨大な影響力を誇る企業グループを鳥瞰図で捉え、誰がどんなビジネスを手がけているのか、どの日本企業が提携しているのかを解説。さらにコンビニや通信、カジノ業界などの現状を取りまとめました。

 本書は東南アジアに進出するために必要な情報が満載ですが、ただ受け取るだけではビジネスチャンスは生まれません。その中にビジネスの種を見つけ出すような読み方をおすすめします。自社サービスや商品と相性のいい国や企業グループを見つけてみてください。

ASEAN企業地図

Amazon SEshop その他

ASEAN企業地図
著者:桂木麻也
発売日:2015年11月30日(月)
定価:2,400円(税別)

目次

  • 【巻頭特集】6億人超の巨大市場を攻略せよ
  • 第1章:インドネシア
  • 第2章:タイ
  • 第3章:フィリピン
  • 第4章:マレーシア
  • 第5章:シンガポール
  • 第6章:香港(番外)
  • 第7章:要注目の業界マップ(コンビニ、飲料、自動車、銀行、エアライン、通信、カジノ)
  • 【対談】ASEAN進出に必須の「情報力」と「交渉力」

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5