SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

自社&競合サイトの集客構造を簡単に比較・分析できる!ヴァリューズ、タグ設定不要の流入元分析ツール提供

 ヴァリューズは、一般ネットユーザーの行動ログとデモグラフィック(属性)情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+(ヴァリューズ イーマークプラス)」の集客分析機能を強化し、集客構造を簡単に比較できる流入元分析ツール「【eMark+】Site Analyzer(イーマークプラス サイト アナライザー)」をリリースした。サイトへのタグ設定は必要なく、一般的なアクセス解析ツールとは検索キーワードの取得方法が異なるため、Google検索やYahoo!検索など検索のSSL化の影響を受けないキーワード分析が可能。

【eMark+】Site Analyzer 画面イメージ
【eMark+】Site Analyzer 画面イメージ

 「VALUES eMark+」は、自社だけでなく競合他社や市場も含めた3C(Customer:市場・顧客、Company:自社、Competitor:競合)分析を、ひとつのデータソースから実現できる、インターネット行動ログ分析サービス。約20万人規模の行動ログモニター会員による消費者パネルを保有し、インターネット上の行動データから、サイトへのアクセス状況を分析できる。「【eMark+】Site Analyzer」の正式リリースにより、集客構造を簡単に比較できる流入元分析機能を拡張した。

 「ユーザー数推移」「基本指標」「ユーザー属性」といったサイトの基本指標やユーザー属性をチェックする機能は無料で利用できる。競合サイトの訪問者数の推移を確認したり、セッション数・PV数・直帰率・平均滞在時間などのサイト基本指標を自社と競合で比較することが可能。性別・年代・エリア・職業などサイト訪問者の属性構成を把握できることも特長。

【関連記事】
効率の良いキーワードを発見!ヴァリューズ、『【eMark+】Keyword Finder』リリース
国内旅行派と海外旅行派で閲覧サイトが違う/旅行予定者の検索キーワード【ヴァリューズ調査】
「コカ・コーラ パーク」と「サントリータウン」の強さの秘密とは?【オウンドメディア調査】
トリップアドバイザー、「口コミパフォーマンス レポート」をリリース~競合施設との比較を手軽に
グーグル、競合他社の動向がわかる「オークション分析レポート」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング