SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

クリエイターズマッチと産經編集センター、プロのライターによるライティングサービス提供へ

 クリエイターズマッチは、産経新聞グループの一員である産經編集センターと共同で、2016年4月よりプロのライターによるテキストライティングサービスを開始する。産經編集センターの抱える記者を、プロフェッショナルライターとして活用していく。

 昨今、FacebookやTwitterのようなグラフィック+テキストで構成されたクリエイティブ(インフィード広告)の流通が急増しており、またコンテンツマーケティングへの注目の高まりに伴い、テキスト広告の制作需要が増加している。それに伴い、多くのブランド企業にとって、品質の高いテキスト制作体制の構築が急務となっている。このような課題を解決するために、両社はこの度の取り組みに至った。

 これまでクリエイターズマッチは、総勢200名にのぼるクリエイターネットワークを構築してきた。実際の制作において、クリエイターと顧客の間に入り、要望の抽出をはじめ、品質・納期・予算の管理を担いながら、毎月2,000点もの広告クリエイティブを生み出している(2016年2月時点)。これまで取り組んできたグラフィック制作と同様に、知見の深い産經編集センターの編集デスク機能をライターと顧客の間に配置することで、より品質の高いライティングサービスを実現する。

【関連記事】
ユーザー参加型メディア編集組織「Amebaみんなの編集局」設立~ライターネットワークを構築
トライステージ、「機能性表示食品制度」に対応した広告コピーをアドバイスする「KINO-ad」
博報堂、媒体社と連携した企業オウンドメディアのコンテンツ制作ソリューション「PRECTORY」
C Channel・トランスコスモス等、 Facebook向けネイティブ動画広告サービスで提携
電通、番組やCMに合わせコンテンツ配信できる「TV Live Meta Module(β版)」を開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/04/01 11:00 https://markezine.jp/article/detail/24205

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング