SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Amazon、「Amazonログイン&ペイメント」の公式パートナー認定制度を開始

 Amazonは、他のECサイトでAmazonのアカウントを使ってログインし、支払いできるサービス「Amazonログイン&ペイメント」において、ECサイトのソリューションプロバイダーやデベロッパーに対する公式認定制度「グローバルパートナープログラム」を開始した。

 同プログラムは、公式パートナーとして認定されたECの支援事業者に向けて「Amazonログイン&ペイメント」の信頼性や利便性を広めるために開発され、営業・技術・マーケティングに関する支援などを無料で行います。

 パートナーの支援を行うことで、販売事業者が効率的に「Amazonログイン&ペイメント」を導入し、ビジネスを拡大できるようサポートするのがAmazonの狙いだ。また、販売事業者が効率的に「Amazonログイン&ペイメント」を導入できるよう、開発前の情報提供や優れたシステム導入方法もパートナーに提供される。

 なお、同プログラムは日本、アメリカ、ドイツ、イギリスの4ヵ国で招待制で実施され、参加費は無料。くわえて認定企業は導入実績を元に、プレミアパートナー(Premier Partner)とサーティファイドパートナー(Certified Partner)、サーティファイドデベロッパー(Certified Developer)の3つのカテゴリーに分けられ、受けられる支援内容が変わる。

公式パートナーへの提供サービス一覧:クリックで拡大

【関連記事】
アマゾン、他ECサイトでもAmazonアカウントでログイン・支払ができるサービスの提供を開始
メガネスーパー、自社ECサイトのカート機能等を強化~更なる購入率、ユーザービリティ向上目指す
SBとヤフー、Yahoo! JAPANの全サービスを自動ログインで利用できる「スマートログイン」提供
オプト、アドテク開発・強化を目的とした新組織「Opt Technologies」設立
楽天、60以上のビジネスユニットを13カンパニーに~品質向上と顧客満足度の最大化目指す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/04/07 08:00 https://markezine.jp/article/detail/24240

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング