SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サイバーエージェント「AI Lab」、静岡大学と産学連携へ~広告予算配分・最適化配信技術を共同研究

 サイバーエージェントのアドテクスタジオは、2016年1月設立した、人工知能(※1)をアドテクノロジーに活用するためのAI研究組織「AI Lab(エーアイ ラボ)」において、静岡大学助教 前原貴憲氏と共同研究を開始した。RTBを活用したディスプレイ広告において、企業のROI(投資対効果)を最大化するための配信技術の開発を進めていく。

 「AI Lab」は実用化に積極的な研究室との産学連携を進めており、これまで東京大学、明治大学と産学連携を行ってきた。新たに静岡大学と産学連携したことにより、3つの大学と各AI分野において共同研究を行っていく。

 前原氏は人工知能分野の代表的な国際カンファレンス「AAAI」を中心に、「ICDE」「VLDB」などで登壇するほか、「ICML」「KDD」にて論文を採択されるなど、機械学習・データマイニング・データベースの幅広い分野で活躍する若手を代表するリサーチャー。東京大学大学院情報理工学系研究科博士課程を修了後、国立情報学研究所を経て、現在は静岡大学工学部数理システム工学科にて最適化や数値計算の理論に基づく人工知能技術の研究を行っている。

 今後は前原氏とともに、最適化・数値解析の理論を用いて、企業が設定する広告予算制約の中で様々なKPIを最大化するようなペーシング技術(※2)や、リターゲティングやブロードなどのあらゆるターゲティング方法に最適な予算配分を行うアロケーション技術(※3)などの研究にさらに力をいれていく。

※1 人工知能:コンピュータ上において、人間と同様の知能を実現させようという試みや技術のこと。
※2 ペーシング技術:企業が設定した広告配信期間・予算にて、広告効果を最大化するために、最適な時間帯・配信ペース、予算配分などを分析し設計するロジックのこと。
※3 アロケーション技術:各マーケティング施策において、最適な予算配分を分析し、設計するロジックのこと。

【関連記事】
パナソニック、人工知能研究開発の情報発信を強化~「Panasonic AI」開設
Webサイト「スーモカウンター」、AIアドバイザー「スミヨ」を設置
サイバーエージェント、動画広告クリエイティブの大量生成プラットフォームをリリース
サイバーエージェント「AI Lab」、明治大学と産学連携へ~人工知能×アドテクノロジー活用を推進
サイバーエージェント、人工知能・機械学習を研究する「AI Lab」設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング