SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINE、APIオープン化に先駆け「BOT API Trial Account」の無償提供を開始

 LINEは、6月3日、メッセージングAPIのオープン化に先駆け、BOTアカウントを自由に開発できる「BOT API Trial Account」の無償提供を先着1万名限定で開始した。希望者は、LINE@やLINE Loginなどの申込・管理ができるビジネス向けポータルサイト「LINE BUSINESS CENTER」から、利用登録を行い、BOTアカウントの作成・開発を行うことができる。

 「BOT API Trial Account」では、利用者が自社および個人で開発したシステム・サービスとLINEアカウントを連携させ、API形式でメッセージの送受信が可能なBOTアカウントを作成することができる。

 レストラン検索やクーポン発行を行ったり、スマート家電などと連携してLINEから操作を行ったりといった、多様な用途・分野で、様々なアカウントが生まれ実用化されることで、ユーザーもLINE上でこれまでにないサービスや機能提供を受けることが可能となる。

 LINEは、2016年3月に開催した「LINE CONFERENCE TOKYO 2016」において、「ユーザーと企業を繋ぐオープン化戦略」を発表した。今回の取り組みはその一環。なお、「BOT API Trial Account」で開発されたアカウントは、友だち登録可能なユーザー数が50名までに上限が設定されており、不具合が発生した場合等に予告なく一時停止・終了する可能性がある。

【関連記事】
ユーザーローカル、数十億件のデータを機械学習させた「人工知能ボットAPI」を発表
DAC、Facebook Messenger上でのOne to Oneコミュニケーションを実現
LINE、広告出稿企業の増加なるか〜「LINE Ads Platform」の本格運用開始
LINE、「アプリのセキュリティに関する脆弱性の報告」に報奨金を支払うプログラムを常時運営へ
LINE、情報法制研究所の設立を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/06/06 08:30 https://markezine.jp/article/detail/24523

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング