SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ガリバーインターナショナルとUBICの子会社Rappaが協業~人工知能による自動接客を目指す

 ガリバーインターナショナル(以下、ガリバー)とUBICの子会社で人工知能によるデジタルマーケティング事業を展開するRappa(ラッパ)は、UBICが独自開発した人工知能KIBIT(キビット)を、ガリバーのオンライン型接客サービス「クルマコネクト」に活用し、ユーザーのクルマ選びにおいて自動接客支援を行うための共同開発を開始する。

 ガリバーの「クルマコネクト」では、車両情報や写真を見ながら、チャットでアドバイザーに相談でき、在庫の中から希望にぴったりのクルマを提案してもらえる。くわえて、購入意思があるユーザーには近くのガリバーの店舗が案内される。

 今回両社が開発を進める自動接客支援は、チャット機能の一部をKIBITが担い、ユーザーに質の高いレコメンドを自動で提供することを目指す。具体的にはチャットを通じた接客を行いながら、お客様の好みや関心を尋ね、ガリバーが持つ約2,200種類のクルマのレビューを元に「デザイン」や「燃費」「使い勝手」「パワー」などお客様の意向や嗜好を学習。その上で、選択理由も含めた納得感のあるレコメンドを実現する。

 人工知能による自動応答を行うことにより、これまで人が行ってきたチャットでのやりとりでの待ち時間を短くし、気軽に車種選びを行えるようになる。現在同サービスの開発は進行中で、提供は2016年9月を予定している。

【関連記事】
BI.GarageとUBICが協業、人工知能を使ったTwitter運用支援ツールを開発・提供へ
ビッグデータ解析のUBIC、マーケティング事業に特化した子会社を設立
アップル、モバイル広告プラットフォーム「iAd」自動化でRubicon Projectを採用
ガリバー、リアルの営業現場とデジタルを融合するオンライン接客型サービス 『クルマコネクト』開始
ガリバー、インハウスのデジタルマーケティング子会社設立~ヤフー子会社のQubitalも協力

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/06/16 09:30 https://markezine.jp/article/detail/24594

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング