SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

VOYAGE GROUP、ブランド保護に強み持つMomentumをグループ傘下に

 SSP「fluct」の提供などを行うVOYAGE GROUPは7月14日、アドベリフィケーション事業を行うMomentumの株式を追加取得し、グループ傘下に収めた。

 昨今インターネット広告配信において、動画広告を出稿する動きがみられ始めている。一方、従来テレビ広告への出稿を主としていたナショナルクライアントおよびブランド系広告主がインターネット広告へ円滑に出稿を行うための配信環境・ルールの整備が求められている。

 Momentumは、ページ単位での広告出稿先のコンテキスト解析、文脈判断から適切な広告の表示判定を可能とする基礎技術を有し、広告配信と自然言語処理を組み合わせた独自のアルゴリズムを開発。不適切な広告出稿を回避し、広告主のブランドを保護するサービス(アドベリフィケーション事業)や、広告詐欺を未然に防止するサービス(アドフラウド事業)を提供している。

 VOYAGE GROUPは、これまでに同社連結子会社であり投資・育成支援事業を主とするVOYAGE VENTURESを通じて Momentumの株式を取得し関係強化に努めてきた。そして今回VOYAGE GROUPがMomentumの株式を追加取得し、持分法適用関連会社化するに至った。今後は両社の協業関係を一層強固なものとし、ナショナルクライアントおよびブランド系広告主がインターネット広告への出稿を円滑に行う環境整備の取り組みを加速させていく予定だ。

【関連記事】
アドベリフィケーションエンジン「BlackSwan」、ログリーのネイティブ広告に搭載
Momentum、DSP「MarketOne」に「BlackSwan」を搭載〜ブランド保護機能を強化
フリークアウトのDSP「FreakOut」、業種別のブランド保護機能を追加へ
VOYAGE VENTURES、スマホアプリ分析サービス「App Ape」運営のFULLERに出資
VOYAGE GROUP、ゴールドスポットメディアを子会社化~動画・リッチメディア広告事業を拡大

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/07/15 11:30 https://markezine.jp/article/detail/24822

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング