SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ブレインパッド、「機械学習/ディープラーニング活用サービス」提供~人工知能のビジネス活用を支援

 ブレインパッドは、人工知能(AI ※1)を用いた画像処理や言語処理などの先進技術のビジネス活用を支援する「機械学習(※2)/ディープラーニング(※3)活用サービス」の提供を8月23日より開始した。

 同サービスは、500社以上にのぼるデータサイエンス関連の支援実績を持つブレインパッドの知見・ノウハウを凝縮して提供。ビジネス成果に直結した価値をもたらすことが可能。また、クラウドプラットフォームの利用を前提としており、小規模投資でのクイックスタートができる。

 加えて、利用者の検討段階に合わせた3つのメニューを展開(下図)。機械学習やディープラーニングなどの技術が自社のビジネスに適用可能かを探る段階の企業から、本格的にビジネスに組み入れようと考えている企業まで、それぞれの検討段階に合った価格・期間で利用可能だ。

 ※1人工知能(Artificial Intelligence, AI):人間が行っている認知や判断を、コンピュータを使って行うためのソフトウェアやシステムのこと。具体的には、文章、画像、会話、音などを理解し判断するコンピュータプログラムなどのこと。

 ※2機械学習:人間が自然に行っている学習能力と同様の機能をコンピュータで実現しようとする技術・手法のこと。機械学習アルゴリズムを用いることでデータからコンピュータが反復的に学習し、そこに潜んでいる規則やルール、パターンを見つけ出すことができる。人工知能を実現するための要素技術の一つでもある。

 ※3ディープラーニング(深層学習):画像認識分野などで実用化が進む、人工知能を実現する機械学習の手法の一種。人間の脳を模したニューラルネットワークの仕組みを活用する。

【関連記事】
ファッションアプリiQON、機械学習を用いて好みに応じたアイテム提案する「for You」リリース
オンライン英会話レアジョブとNEC、AI技術活用した講師と生徒のマッチングの実証実験スタート
人工知能がTwitterなどの口コミ拡散を自動検知!WACUL、「AIアナリスト」に新機能追加
ウェルネス・ヘルスケア領域に特化した人工知能研究所「FiNC Wellness AI Lab」設立
人工知能のABEJA、IoTのウフルと業務提携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング