SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

57%がケータイ検索の経験あり、26%がブログ閲覧、ケータイでも進むコンテンツやサービスのWeb2.0化

 株式会社インプレスR&Dのシンクタンク部門であるインターネット生活研究所は本日、ケータイにおけるインターネットビジネスの変化について調査結果を公表した。ケータイ向けコンテンツや、検索技術、広告モデル、コミュニティ(SNS、ブログ)などのWeb2.0的なサービスの産業動向と、ユーザーの利用動向に着目したもの。

 同調査は、携帯電話のキャリア、検索エンジンなどのサービス開発会社、広告代理店など、関連企業を取材・分析した「産業動向調査」と、インターネット調査による「ユーザー意向動向調査」にて構成。

 ユーザー意向動向調査の結果、ケータイによる「モバイル検索」の経験がある人は、57%になった。内訳は「よく利用する」「わりと利用する」人を合わせて19%、「たまに利用する」人が38.4%。また、「モバイルブログ」などをケータイ端末から閲覧している人は26%、「モバイルSNS」の利用者は13%だった。

 同社では「全体としての利用者はまだ少ないが、「モバイル広告」など産業面での動きも活発化していることから、今後ケータイでのWeb2.0的な動きは拡大傾向になる」と予測している。

 尚、詳細な調査結果は下記URLを参照のこと。

「ケータイ2.0調査報告書2006」/インターネット生活研究所

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング