MarkeZine(マーケジン)

記事種別

57%がケータイ検索の経験あり、26%がブログ閲覧、ケータイでも進むコンテンツやサービスのWeb2.0化

2006/09/29 00:00

 株式会社インプレスR&Dのシンクタンク部門であるインターネット生活研究所は本日、ケータイにおけるインターネットビジネスの変化について調査結果を公表した。ケータイ向けコンテンツや、検索技術、広告モデル、コミュニティ(SNS、ブログ)などのWeb2.0的なサービスの産業動向と、ユーザーの利用動向に着目したもの。

 同調査は、携帯電話のキャリア、検索エンジンなどのサービス開発会社、広告代理店など、関連企業を取材・分析した「産業動向調査」と、インターネット調査による「ユーザー意向動向調査」にて構成。

 ユーザー意向動向調査の結果、ケータイによる「モバイル検索」の経験がある人は、57%になった。内訳は「よく利用する」「わりと利用する」人を合わせて19%、「たまに利用する」人が38.4%。また、「モバイルブログ」などをケータイ端末から閲覧している人は26%、「モバイルSNS」の利用者は13%だった。

 同社では「全体としての利用者はまだ少ないが、「モバイル広告」など産業面での動きも活発化していることから、今後ケータイでのWeb2.0的な動きは拡大傾向になる」と予測している。

 尚、詳細な調査結果は下記URLを参照のこと。

「ケータイ2.0調査報告書2006」/インターネット生活研究所
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5