SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

カラフル・ボード、慶應イノベーション・イニシアティブより資金調達~大学の研究成果を活用し技術強化へ

 カラフル・ボードは、10月7日、慶應イノベーション・イニシアティブ(以下、KII)が運営するベンチャーキャピタルファンドを引受先とする第三者割当増資により、資金調達を実施した。今回のラウンドで同社の資金調達総額は約3億円となる。

 同社は2014年より慶應義塾大学と産学連携をして、ユーザーの感性を学習する1人1台の人工知能プラットフォーム「SENSY」を開発。現在、画像・テキスト・楽曲・動画・味覚物質・行動ログなどのインプットデータを、画像解析、自然言語処理などのディープラーニングにより、ユーザーの嗜好性を解析して、「ファッション」「食」の分野でサービス提供をしている。技術面、人材面の強化を目的に、この度の出資を実施した。

【関連記事】
AIがワインをレコメンド!大丸東京店「世界の酒とチーズフェスティバル」に「AIソムリエ」導入
AIを活用したコーディネートサービス「SENSY CLOSET」、大手通販サイト「夢展望」が導入へ
マネーフォワード、みずほFGおよび三越伊勢丹グループと業務提携へ
実名グルメサービス「Retty」、月間利用者数2,000万人突破~約11億円の資金調達も実施
スマートニュース、日本政策投資銀行をリードとする総額38億円の資金調達を実施

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/10/11 10:00 https://markezine.jp/article/detail/25377

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング