SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アクセンチュア、NTTコミュニケーションズとの協業発表~人工知能「COTOHA」の国内展開を推進

 アクセンチュアは、NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)が2016年10月31日に提供を開始する、人工知能サービス「Communication Engine “COTOHA(TM)”」(以下、COTOHA)の国内展開において、NTT Comと協業したことを発表した。

 同協業においてアクセンチュアは、海外において先行する豊富な人工知能ソリューションの導入実績をふまえ、特に企業のコンタクトセンターや店頭における問い合わせ対応業務などの領域において、国内のお客様に向けたCOTOHAの提案活動を強化する。さらに、導入から運用に至るまで一貫したサービスを提供していく。

 COTOHAは、自然な会話によるコミュニケーションを通して、人間の意図を理解し、最適な解を提示することを可能とするバーチャル エージェント。NTTメディアインテリジェンス研究所による最新の日本語処理技術と、IPsoft社が持つ世界先端の人工知能プラットフォームであるアメリアが組み合わされている。同サービスを用いることで、多種多様な業務の自動化や、意思決定の支援が可能になる。

【関連記事】
コンカー、AIマーケティングプラットフォームの構築目的に実証実験を開始
日立、人工知能を活用したマーケティング施策立案が可能な「顧客ロイヤルティ向上サービス」販売
米eBay、AI活用したチャットボットのベータ版公開~Facebookメッセンジャーで商品レコメンド
セガネットワークスとShowcase Gig、AIチャットボット活用した体験型広告を提供開始
クラウディアンなど4社、走行中の車種を認識してデジタルサイネージにターゲット広告を配信

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/10/25 16:30 https://markezine.jp/article/detail/25482

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング