SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2007年「ウィキペディア」訪問者は、Yahoo!から700万人、Googleから300万人

 発表された資料によると、「ウィキペディア」(wikipedia.org)の昨年1年間の推定訪問者数は2,740万人で、2006年の1,851万人に対し約1.5倍。2005年から2006年の伸び率も155%となっており、依然として高い伸張率を示しているという。

 しかし月別の推移では、2007年の2~4月と11~12月で連続して前月を下回り、訪問者1人あたりの接触回数や視聴ページ、滞在時間などにも大きな変化は見られないことから、「ウィキペディア」がある程度一般化して安定期に移行しつつあると同社は分析している。とはいえ、2007年の平均視聴ページは10月と11月をのぞいて20ページ台を維持。さすがにオンライン百科事典といえる数字を残している。

 また、2007年12月度の「ウィキペディア」訪問者の参照元ドメインを見ると、検索エンジンの検索結果からの遷移が圧倒的多数を占め、「yahoo.co.jp」が719万人、「google.co.jp」が313万人、「google.com」が81万人となっている。

【関連リンク】
ウィキペディア、約6割が「内容に疑わしさを感じる」、利用目的トップは「人物情報検索」
Wikipedia創始者「すべてを変える検索エンジン」の開発計画を発表
Google対抗にはほど遠い? 自他ともに認める「Wikia Search」の仕上がり具合

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/01/25 17:58 https://markezine.jp/article/detail/2549

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング