SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日本経済新聞社、マーケと越境ECの最新動向解説するイベント開催~MarkeZine編集長も登壇

 日本経済新聞社グローバル事業局は、『Nikkei Asian Review』の創刊3周年を記念したイベント「Asian Marketing & E-commerce」を、2016年11月18日(金)と21日(月)の2日間開催する。

 同イベントでは、アジア市場の「デジタル」「インバウンド」「越境EC」に関するキーノート、セッションを用意。セッション内ではデジタルの事例、データをもとにアジア域内での欧米各社のブランディングとマーケティングをわかりやすく紹介していく。

 18日はマーケティング、21日は越境ECをメインとした内容のセッションが集まったタイムテーブルとなっている。

 また、18日のキーノートには、『先進企業に共通する、デジタルマーケ・EC活用の最新動向』と題し、MarkeZineの編集長である押久保剛が登壇。姉妹メディアであるECzineの編集長を務める倭田須美恵とともに、先進企業のデジタルマーケティング・EC活用における共通点を解説する。

【開催概要】
日 程:2016年11月18日(金)13:30~19:20(開場13:00~)
    2016年11月21日(月)11:00~18:30(開場10:30~)
※両日ともネットワーキングあり
会 場:日本経済新聞社 2階SPACE NIO (千代田区大手町 1-3-7
講演対象:越境EC、インバウンド関連ビジネスを検討している企業の担当者
     アジアのデジタル事情を収集する企業のマーケティング関係の担当者
参加費:1日券3,000円 2日通し券 5,000円
申し込み:こちらから、先着順で定員となり次第締切

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/11/01 18:03 https://markezine.jp/article/detail/25527

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング