SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

インテル、環境にやさしい「グリーン電力」の購入量で全米NO.1に

 インテルは環境問題について長年積極的に取り組んできた企業のひとつ。同社が製造するコンピュータの心臓部、マイクロプロセッサの電力効率を高めると同時に、工場の製造過程で水の使用量の削減や資源のリサイクルに取り組んできた。

 その取り組みの一環として、インテルは環境への負荷が小さい発電方式によって発電された電力「グリーン電力」の証書を13億204万kWh(キロワット時)分購入することを発表。EPAがまとめた2つのランキング「National Top 25」と「Fortune 500 Challenge」の双方で1位となった。

 インテルが購入した、REC(Renewable Energy Certificates:グリーン電力証書)は、再生可能なエネルギーによって発電された電気の環境負荷価値部分を証書として発行したもので、企業はこれを購入することによって、購入した証書の分だけ自社の購入電力量が再生可能エネルギーであることを社会にアピールすることができる。今回インテルが購入した13億204万kWhは同社が利用する電力の46%にあたり、米国の一般家庭のおよそ13万世帯の電力量に匹敵するという。インテルが購入した証書のポートフォリオにはバイオマス発電、地熱発電、太陽発電、風力発電が含まれている。

【関連リンク】
ITが「世界一やさしいクルマ社会」を実現させる! 経済産業省が構想発表 
夏の電力供給以上の危機? 総務省がインターネットにおけるトラヒックの集計・試算を発表
米国での特許取得ランキング発表、2007年はマイクロソフトが躍進

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/01/30 15:57 https://markezine.jp/article/detail/2577

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング