SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ライターの特徴を明確にし、グレードを細分化 「サグーワークス」、マッチング機能を追加

 ウィルゲートは1月19日、記事作成特化型クラウドソーシングサービス「サグーワークス」に新機能「マッチング機能」を追加した。

 同サービスではこれまで記事のクオリティ向上のため、独自の文章力テストを設け、それに合格したライター(プラチナライター)にそれぞれの得意分野に合わせた依頼をすることで、高い品質、ライター報酬を担保してきた。しかし、その運用は編集者の工数を要するものであり、大量の依頼に対応することが困難だった。そこで、今回の機能をリリースするに至った。

 同社ではまず、性別・職業などの細かく設定された属性の他、これまで設けていた「レギュラー」「ゴールド」「プラチナ」という3つのライターグレードを、それぞれさらに3つから6つのランクに細分化した。同機能では、この細分化したグレードの中からライターに執筆を依頼できる。

 さらに、アンケート機能やテスト機能が設けられ、記事の内容に適したライターに案件を提示しやすくなった。その他にも、ライターに個別に案件を依頼できる「専属オファー機能」の強化により、同一ライターへの継続した執筆依頼や、フィードバックを行いながら記事の品質向上を行うことが可能となる。

【関連記事】
ADDIX、データ分析に特化したクラウドソーシングの提供開始
ランサーズ、オンラインサロンサービスのDMM Loungeと連携
サムライト、NewsPicksのブランドアカウント販売・運用を開始
Faber Company、コンテンツマーケ支援する「MIERUCA」にヒートマップ機能を追加
オールアバウト、コンテンツマーケティングに特化した情報サイト「Content Dig」を開設

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/01/20 12:30 https://markezine.jp/article/detail/25933

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング