SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

トランスコスモス等、LINEのチャットbot・電子チケット・ECを連携させたプラットフォーム提供

 トランスコスモスと、Leonis & Co.(以下、レオニス)は、LINEのチャットbot・電子チケット・ECを連携させたエンターテイメント・イベント向けコミュニケーションプラットフォームを構築し、販売を開始した。第一弾として、サンリオへ導入し、本年2月中に運用を開始する。

サービス提供イメージ
サービス提供イメージ

 同プラットフォームは、トランスコスモスの統合型ECプラットフォーム「transcosmos eCommerce HUB(以下、eCommerce HUB)」と、レオニスの電子チケット発券システム「Quick Ticket」のLINE受取り機能を連携し、ECサイト上での電子チケットの販売から、LINEによるチケット発券までを可能にする。

 また、bot構築・運用管理プラットフォーム「Reply.ai」と、トランスコスモスのチャット運用オペレーターによる有人対応を組み合わせることで、電子チケットの購入・発券からコンテンツ配信、入場前後のコミュニケーションまでワンストップで提供することが可能になる。

 さらに、チケット販売時にグッズを紹介したり、入場時に店舗で使えるクーポンを配信するなど、リアルタイムでの商品購入プロセスに基づいた、高精度でのOne to Oneマーケティングを実現する。

 同サービスの第一弾として、2月中にサンリオピューロランドでの運用を開始する。具体的にはサンリオの公式ECサイト「サンリオオンラインショップ」にてサンリオピューロランドの電子チケットを購入すると、サンリオのLINE公式アカウントから電子チケットが届く。チケットの購入時にはハローキティからのお礼メッセージが届き、入館後にも館内案内やグッズ紹介をしてもらえるなど、電子チケットを起点としたサンリオピューロランド内外でのコミュニケーションを実現する。

【関連記事】
トランスコスモス、おすすめ商品を顧客別にLINEでメッセージ配信する機能を提供へ
セコム、LINEと連携した危機管理サービスの提供を開始
自販機×LINEで様々なサービスを展開!キリン子会社とLINE、「Tappiness」を今春リリース
DAC、LINE Beacon活用したキャンペーンの対応を開始~よみうりランドのアトラクションが採用
富士フイルム、LINEから写真プリントの注文ができるサービスを開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/02/08 08:30 https://markezine.jp/article/detail/26039

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング