SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Pepperがあなたの生活を進化させる、一般販売モデルの新ロボアプリ提供開始

 ソフトバンクロボティクスは、「Pepperがあなたの生活を進化させる」をテーマに、人型ロボット「Pepper」一般販売モデル向けの新しいロボアプリを開発。2017年2月8日以降、アプリストアを通じて順次提供する。

プレゼンテーション資料より
プレゼンテーション資料より

 具体的には、2月8日より、Pepperのオリジナルの動きやセリフを簡単に作成してSNSで共有できる「Pepper Maker」、脳医学博士の加藤 俊徳氏の監修で開発された脳トレロボアプリ「Pepperブレイン」、精神科医の名越 康文氏の監修で開発された、Pepperの感情認識エンジンやセンサーを活用して人の心の状態を把握してアドバイスをする「Pepperヒーリング」の3つのロボアプリの提供が開始された。

3月以降に提供予定の「iRemocon for Pepper」イメージ(プレゼンテーション資料より)
3月以降に提供予定の「iRemocon for Pepper」イメージ(プレゼンテーション資料より)

 3月以降には、Pepperと連携したスマートフォンを利用してPepperを遠隔操作できる「Pepper View」、Pepperを通じて家電を操作できる「iRemocon for Pepper」、バーチャルサラウンド技術を活用し、前後左右から音が聞こえるように演出することで、まるで自分がその場にいるような体験ができるコンテンツ「Pepper Imagination」と「飛び出すロボ落語」が提供される予定だ。

【関連記事】
サイバーエージェントが「ロボットサービス事業部」新設、AIも活用
みずほ銀行、資産運用の相談に対応するコミュニケーションロボットを設置
“学んで答える、小さなロボット”Kibiro、一般消費者向けに提供開始
リクルート、自律走行型配達サービスロボット提供のSaviokeへ出資
プロトコーポレーション、Pepperが自動車の査定を行う「DataLineロボ査定」の提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/02/15 18:45 https://markezine.jp/article/detail/26040

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング