SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

SOMPOホールディングス、米国シリコンバレーの研究機関等と自動車のAI・ロボティクス分野研究で提携

 SOMPOホールディングスは、保険やその他関連サービスにおける新たな顧客体験価値の創造を目的として、自動車、AI(人工知能)およびロボティクス分野等における最先端の研究開発に参画すべく、スタンフォード大学の研究機関「CARS」およびインキュベーター「Comet Labs」と提携した。

 「CARS」は、教育機関、自動車やIT業界および政府機関から有能な人材を招き、人を中心としたモビリティの未来・人と機械がどのように効果的に共存するかを研究するために設立された機関。SOMPOホールディングスは、同研究に参画することで、広く未来の自動車やモビリティに関する研究を行い、将来の保険のあり方や新たなサービスの創出等について検討を行ってゆく。

 「Comet Labs」は、AIやロボティクス分野のベンチャー企業を支援するインキュベーター。SOMPOホールディングスは、機械学習やロボティクス分野のスタートアップと自動車やモビリティを取り巻く各業界のリーダーを集めたアクセラレーションプログラムに参画することで、革新的な技術を活用した新たな保険商品やサービスの開発等を目指す。

【関連記事】
ソニー損保×Yahoo! JAPAN、カーナビのデータを活用した商品・サービスの開発を目指す
楽天生命、2月より女性向け体調管理アプリ「楽天キレイドナビ」の運営を開始
SOMPOホールディングス、ビッグデータ・AI分野の人材発掘・育成機関を設立へ
ゆめみ×セレス、「ビジネスサイエンスAIラボ」を設立
サイバーエージェントが「ロボットサービス事業部」新設、AIも活用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング