SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

東京メトロ、音声翻訳デバイスの実証実験を実施 訪日外国人接客の充実を図る

 東京メトロおよびログバーは共同で、2017年3月13日(月)と18日(土)に、銀座駅の旅客案内所と明治神宮前および原宿駅の改札口において、ログバーが開発した音声翻訳デバイス「ili」を活用した旅客案内の実証実験を行う。

駅構内での使用イメージ

駅構内での使用イメージ

 同実証実験は、2016年10月から12月にかけて実施した東京メトロのオープンイノベーションプログラム「Tokyo Metro ACCELERATOR 2016」において、東京メトロアクセラレーター賞を受賞した、ログバーの「東京を言語のカベがない世界初の都市へ」という提案の実現に向けた第一歩として実施するもの。

「ili」イメージ

「ili」イメージ

「ili」は、ネット接続の必要がなく、瞬時に、旅行に関係する会話に特化して、日本語から英語又は中国語、若しくは英語又は中国語から日本語への音声翻訳に対応できるサービスだ。訪日外国人の乗客に対して、様々な状況に応じた案内を瞬時かつ的確に行うことが期待されている。

 東京メトロは今回の実証実験を踏まえ、今後更なるパイロット施策を検討する予定。

【関連記事】
H.I.S.と小学館、訪日中国人向けのフリーペーパー発刊~第一弾は『DIME』とコラボ
DNP、タブレットによる訪日外国人向け接客支援サービス提供へ~三越銀座店で試験運用
電通、日系企業の中国向けBtoBサイト診断プログラム
山形県の訪日外国人向け情報サイト、プライベートDMP導入〜多言語対応のレコメンド実現
ぐるなび、中国と台湾のオンライン旅行会社と提携~多言語レストラン予約サービス提供へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング