SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

カヤック、人工ニューラルネットワークの新技術に関する特許出願

 カヤックは、人工知能(以下、AI)の膨大なパーセプトロンがつながったニューラルネットワークを、最小単位のパーセプトロンのみで分散構成するための技術に関する特許を出願した。

 これまでのAI活用では、AIに処理・学習させるためのビックデータを収集するための投資と、そのビッグデータを処理するためのハードウェアへの投資という、二つの側面からの投資が必要だった。今回カヤックが発表した技術は、2側面の投資負荷を軽減し、これまでAIの活用が難しかった法人や個人向けに新しいソリューションの開発基盤となる技術を提供することを目指している。

 技術の具体的な内容は、人工ニューラルネットワークをパーセプトロン単位に分解し、何度も値を変えながら同じ処理(計算)をすることで、既存の人工ニューラルネットワークと同様の機能を最小のメモリー空間で実現するというもの。

 これにより、インフラストラクチャーへの設備拡充やハードウェアの増強といった投資負荷を軽減することにつながるとしている。さらに、スマートフォンなどのハードウェアのデバイスでも人工ニューラルネットワークと同様の機能を構築し、既存のAIと同様の結果を算出することが可能になるという。

【関連記事】
キングレコード×面白法人カヤック、新規ビジネス「アニソンフィットネス」を展開
カヤック、アフレルと企業研修分野で業務提携~企画・マーケ担当者向けのWS、教材提供へ
面白法人カヤック、自宅葬に特化した「鎌倉自宅葬儀社」を設立
カヤックとサカワ、ハイブリット黒板アプリ「Kocri」で教育現場のイノベーション目指し業務提携
博報堂×カヤック、ブランド課題をゲームのノウハウで解決する「面白ブランドデザインラボ」開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/03/24 09:30 https://markezine.jp/article/detail/26250

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング