SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

マルケト、無料でマーケティング教育の支援開始 GreenFig Universityと提携

 マルケトは5月19日より、Marketo Universityからすべてのマーケターを対象に無料トレーニングコースの提供を開始した。また、応用経営学のマイクロ学位を授与しているマイクロ大学のGreenFig University(以下、GreenFig)と提携し、全米の学生や専門家を対象にマーケティングのオンラインコースを開発・提供することを発表した。

 また同日より、Marketo Universityから各自のペースで受講できる7つの無料トレーニングモジュールが利用可能になった。Marketoインスタンスのセットアップから、コンテンツ作成までの内容を網羅。各トレーニングモジュールは、下記4つの主要要素で構成されている。

・LEARN動画:エンゲージメントマーケティングの概念、概要、その重要性、成功のための主な検討事項

・WATCH動画:Marketo Engagement Platformのトピックの着手と実施方法

・DOリソース:Marketoのタスクの達成方法についての手順書

・CHECKアセスメント:トレーニングモジュールの主な概念の理解度を評価するための簡単なテスト

 加えて、今回のマルケトとGreenFigとの提携により、デジタルマーケティング科学でGreenFigがマイクロ認定される。また、マルケトとGreenFigで協力し、コンテンツ管理やSEOおよびSEM、アカウントベースドマーケティングの科学を理解するために必要な知識と経験を受講生に提供するマーケティングカリキュラムを策定。さらにプログラム修了者は、Marketo Universityの追加トレーニングプログラムを受講でき、上級認定を取得することが可能になる。

 なお、日本でのMarketo Universityの展開については、年内に発表予定となっている。

【関連記事】
「エンゲージメントこそがマーケティングの最重要課題」米マルケトCEOキーノート
マルケト、電通デジタルなど10社以上のパートナーと協業 「Marketo ABM」を本格提供へ
トライベック・ストラテジー、地方銀行向けのコンテンツマーケティング支援を開始
LINE、東京都教育委員会と「SNS東京ルール」共同研究プロジェクトを立ち上げ
朝日新聞社、スタディプラスと業務提携~教育事業の成長強化へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/05/22 14:00 https://markezine.jp/article/detail/26533

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング