SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

住信SBIネット銀行、TeradataのDB基盤とBIを導入 カスタマージャーニーの可視化を目指す 

 日本テラデータは、住信SBIネット銀行が、新たに「Teradata Data Warehouse Appliance(以下、Teradata)」を採用し、5月より本稼働開始したことを発表した。住信SBIネット銀行は、新たにテラデータの検索用BIツール「AccessNavigatorWeb」(以下、アクセスナビゲータ・ウェブ)も導入した。

 データウェアハウス(以下、DWH)をTeradataに刷新することで処理性能が向上し、迅速なデータ参照・集計・分析が可能になり、業務効率が改善した。さらに、BIツールのアクセスナビゲータ・ウェブと連携活用することで、ユーザーは定型検索だけでなく、非定型検索についても利用できるようになり、分析の自由度が向上した。

 今回の導入によって期待されている効果は下記の通りだ。

DWHへのデータ追加作業が、1ヵ月半から約1分に短縮

 たとえば、広告効果の集計で新しいデータをDWHに追加する場合、従来は要求のヒアリング・要件定義・開発設計といったシステム開発のためのプロセスが必要だった。アクセスナビゲータ・ウェブの導入により、システム開発なしにユーザー自身がデータを自由に追加できるようになり、業務によってはデータを利用するまでの追加作業に1ヵ月半から数ヵ月かかっていたものが、約1分に短縮されたという。

データ取得作業を、約15分から約3分に短縮

 これまで住信SBIネット銀行では顧客情報・融資情報等のデータを別々に取得・結合していたが、アクセスナビゲータ・ウェブ内でテーブル結合ができるようになった。これにより、ユーザーツールのメンテナンス作業の負荷が削減され、データ取得に要する時間が約15分から約3分に短縮された。

マネージメントおよびビジネス担当者のタイムリーな意思決定に貢献

 与信系、個人属性の変化や取引行動上の変化を検知するイベント・ベースド・マーケティング・システム(EBM:IBM DB2)のデータ、ウェブサイトやメール配信のデータ、FXなど各種商品システムに点在するデータ、また広告データのような外部オープンデータなど、あらゆる種類のデータを収集・統合し、タイムリーな意思決定が可能になった。

カスタマージャーニーを可視化し、顧客エンゲージメントを強化

 上記の通り収集したデータをもとに、カスタマージャーニー・マップを構築し、個々のお客様のニーズにあったメッセージやサービスをタイムリーかつスピーディーに提供し、顧客エンゲージメントを強化できるようになるという。

 今後住信SBIネット銀行は、銀行全体に対するMIS(経営情報システム)の構築を目指し、Teradataを活用してデータドリブン経営を進めていくとしている。

【関連記事】
住信SBIネット銀行など3社、AIソリューションを活用したデジタルマーケティングの試験運用開始
グッドパッチにSBIが4億円出資 FinTech領域へのUX/UIデザインの技術提供を強化へ
SBI証券、LINE Customer Connectの試験運用開始~対話型FAQサービスにAI活用
TISと日本テラデータ、ビッグデータ分析のコンサルティング・サービスで協業を開始
マーケティングBIのDatorama、「SmartLenses」発表 KPI設定や効果指標を自動生成

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/08/01 10:00 https://markezine.jp/article/detail/26876

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング