MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ビービットの広告効果測定ツール「ウェブアンテナ」、Safariブラウザのトラッキング防止機能に対応

2017/09/22 17:45

 ビービットは、同社が提供する広告効果測定ツール「ウェブアンテナ」において、Safariブラウザに追加されたトラッキング防止機能ITPへの対応を実施。これによりITPの影響を受けずに計測を継続することが可能となった。

 ビービットは、同社が提供する広告効果測定ツール「ウェブアンテナ」において、AppleのSafariブラウザに追加されたトラッキング防止機能「 Intelligent Tracking Prevention(以下、ITP)」への対応を実施した。これにより、ITPの影響を受けずに、広告効果の測定を継続することができる。

 ITPとは、Appleが9月20日に追加した機能で、Safariブラウザが広告配信などを目的とする追跡用Cookieを識別すると、一定期間後にCookieの利用制限やアクセス遮断を行うもの。多くのツール・媒体で利用しているトラッキングを目的としたCookieがITPの対象になった場合、Cookie取得後24時間を経過した時点でユーザー追跡に利用できなくなるため、1人のユーザーの行動履歴として計上できなくなる・リターゲティング配信ができなくなるなどの問題が生じることになる。

 これまで「ウェブアンテナ」が一部の広告計測に利用していたサードパーティCookieは、ITPの対象となる可能性があることから、同社は今回の対応を実施。Safariブラウザに限りサードパーティCookieに代わり、ファーストパーティCookieを利用することで、ITPの影響を受けない計測が可能となるように対応した。

 なお、計測のためには広告のランディングページにWebアンテナのタグを設置することが必須である。

【関連記事】
デジタル広告によるリアル店舗での購買効果を測定!博報堂DYグループら3社、新ツールをリリース
コールトラッキング×DMPでユーザーを見える化 アドゲイナー、インティメート・マージャーと提携
Ve Japanがコールトラッキングの「ADgainer」と連携、電話応対での成果測定が可能に
IDOM、ビービットのデジタル行動観察ツール「ユーザグラム」を導入 シナリオの効率化目指す
デジタル行動観察ツール「ユーザグラム」、会員制メディアサイト対応機能を強化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5